今回は なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのかをまとめます。



朝早くから起きたりするとどうしても疲れてしまうことがある。。。
本書は疲労の種類を解説して、それぞれのアプローチ方法をわかりやすくまとめてあり、朝活をして1日中元気で有意義に過ごしていきたいという方には参考になると思います。
朝活をしていなくても、体がだる重〜って感じる人には必読だと思います

※目次は長かったので続きに書きました。
気になる方はぜひ確認してみてください。

この本の内容は全部で5章あって、こんな感じの内容です↓
 第1章:疲れの種類と、その付き合い方
 第2章:睡眠について
 第3章:食事について
 第4章:ストレスについて
 第5章:習慣について

まず戦う前に敵(この場合、疲れ)の種類を知りましょう。
孫子も言っているように、敵を知り自分を知ることで何度でも敵をやっつけられるようになります。

疲労には、3つの種類があるとのこと。
  肉体的:運動とかの筋肉疲れ
  精神的:ストレス疲れ
  神経的:目の神経などの疲労からくる脳の疲れ
それぞれの疲労が大きくなる前に、対処できるようにするための工夫や習慣などが書かれています。

人間なので疲れることはもちろんあります。
安心してください、この本でも人間は疲れるものだって書かれてありますからね!
特に朝早くから起きて色々なことをしていると疲れを感じることも多くなるかもしれません。

この本で具体的に参考になるのは、第2〜第5章。
 第2章では、睡眠の質を向上させるためのヒントがたくさん書かれています。この著者一流の睡眠「MBA×コンサルタント」の医師が教える快眠戦略という本も書いているのですが、睡眠についてある程度知るだけであったら本書の方が私は便利な本だと思いました。
というのも睡眠だけでなく、食事など他の面からも疲労に関するアプローチ方法が書かれているからです。
 
 第3章は個人的に楽しい内容でした。特にできる人は肉パーソンと 書いてあったのでお昼はお肉を食べる言い訳になりましたし(自分への)。それは別としても、ご飯の付け合わせにも意味があることを知ることができたので、メニュー選びとかの参考になります。食事から摂る栄養も疲労回復に欠かせない要素だということがよくわかる内容です。
朝から元気に動くためには前日の疲労を持ち越さないことが大前提です。
そのために、体力づくりや食事、睡眠の質の向上などで自分の疲労と向き合って対処していくことが大事だと思います。
この本はそんな疲労に対する向き合い方が学べる本だと思います。
朝活を進める上でも、仕事が大変な人にも是非お勧めしたいです。 


読んでくれてありがとうございます!
まだまだ拙いですが、自分磨きのために頑張ります

今後の励みになりますので、もしよかったらポチッとしてくれたら嬉しいです

↑人気ブログランキングへ

にほんブログ村 OL日記ブログ 勉強しているOLへ
↑にほんブログ村

FBページ:#new#朝活をきろくしてみた
Instagram:olstudent_blog

↓読者登録はこちらからどうぞ^^







なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか

アンケートにご協力ください^^

続きを読む